ブロックパレットで効率よくブロックを配置するには?(2020新機能)

2020年3月10日

AutoCAD(LT)バージョン2020の新機能として、ブロックパレットが搭載されました。

従来のブロック挿入に比べて、一度利用したブロックや他図面ファイルからのブロック参照などを、ひとつのウィンドウ内でタブで切替られるほか、ウィンドウ内でブロック挿入時のオプションが指定できるなど、効率よくブロック配置ができるようになりました。

ここでは、ブロックパレットの機能と利用方法をご紹介します。


AutoCAD 2020 / AutoCAD LT2020以降
対象バージョン

続きを読むにはVIP会員登録とログインが必要です。