レッスン1-7 – ステータスバーの表示メニュー

ここでは、ステータスバーと表示メニューを確認してみます。

ムービーで操作手順を確認しましょう。

tkn_bgn-level1-lesson1-8_10

ムービーで操作手順を確認しましょう。

バージョン2016以前の場合はこちらのムービーで確認しましょう。

ワンポイント解説

このレッスンのワンポイントの解説です。

ワンポイント1

AutoCAD LT 2006から導入されたダイナミック入力機能には、便利な機能があるので、確認してみてください。

AutoCAD LT 2005以前のバージョンからお使いの場合は、座標入力の際に注意が必要です。

ワンポイント2

ダイナミック入力のアイコンは、AutoCAD LT 2014まではステータスバーにありましたが、AutoCAD LT 2015からはステータスバーからなくなりました。

AutoCAD LT 2015以降でも、ステータスバーにダイナミック入力のアイコンを表示することができます。

次は、「レッスン1-8 – ダイナミック入力」で、選択と削除について確認してみましょう。