ホーム > FAQ > その他 > AutoCAD LT図面内のブロックから属性情報を抽出する

AutoCAD LT図面内のブロックから属性情報を抽出する

 カテゴリ:

ブロックに属性定義を行うと図面内に配置する際、属性(文字情報)を付加することができます。
属性には「番号」「長さ」「直径」などの情報を定義することができ、後でこの属性情報を抽出して部品表などの作成に役立てることができます。

AutoCAD LTの図面内にある属性情報を抜き出すには[ツール]-[属性書き出し]コマンドを使用します。
図面中の属性情報をテキストファイルで書き出すことができ、「CDF形式」「SDF形式」「DXX形式」のテキストファイルを書き出せます。

  • 【CDF形式】:カンマで区切られたテキストファイル
  • 【SDF形式】:スペースで区切られたテキストファイル
  • 【DXX形式】:DXFフォーマットのファイル

ここでは、表計算ソフトMicrosoft Excelで読み込めるカンマ区切りのテキストファイル「CDF形式」の書き出して手順をご紹介します。

※この記事の全文を読むには、無料会員登録が必要です。

会員登録がお済みでない方は

無料会員登録をする

会員登録がお済みの方は

ログインして続きを読む

「その他」カテゴリの他の記事