ホーム > FAQ > その他 > スキャンしたTiffデータをAutoCAD LTで使用するには?

スキャンしたTiffデータをAutoCAD LTで使用するには?1

 カテゴリ:

AutoCAD LT2009から古い図面や地図などをスキャンしたTiffデータ(ラスタデータ)を図面中に貼り付けることができるようになりました。
地図などのTiffデータを貼り付けるには「アタッチ」を使用します。貼り付けたTiffはクリップで切り抜き加工もできます。貼り付け後は、尺度変更で尺度を変更や透過の設定、表示順序の変更などができます。
ここでは、Tiffデータ(G4形式)をAutoCAD LTの図面ファイルで参照して貼り付ける方法についてご紹介します。

【対象バージョン】

AutoCAD LT2009以降

※この記事の全文を読むには、無料会員登録が必要です。

会員登録がお済みでない方は

無料会員登録をする

会員登録がお済みの方は

ログインして続きを読む

「その他」カテゴリの他の記事