1-4-3 – 属性定義の分解の方法は?

属性定義を行ったブロックを分解コマンドで分解すると、ブロック挿入時に属性値として入力した文字情報が失われてしまいます。

この方法では、AutoCADではないCADへデータを渡すことができません。

ブロックと属性値を他CADへ渡すにはAutoCADの場合、ExpressToolsのExplodeAttributesによる分解が必要です。

compilations_1-4-3-10

しかし、AutoCAD LTにこの機能はありません。

AutoCAD LTで属性の内容を保持したまま分解するには、wmfの書き出しと読み込みを実行後に、分解を行います。

続きを読むにはVIP会員登録とログインが必要です。