2-2-4 – Excel側で表の編集を行った場合

ここでは、「2-2-3 – AutoCADのオブジェクトとして挿入する」で、リンク付けを行ったExcelの表を編集し、結果をAutoCAD図面ファイル内の表に反映させる手順を確認します。

続きを読むにはVIP会員登録とログインが必要です。