旧バージョンから読み込む4

新しいバージョンのAutoCAD LTをインストールする際に、以前のバージョンのカスタム設定の内容を引き継ぐことができます。
旧バージョンのAutoCAD LTは、新バージョンのAutoCAD LTインストール後にアンインストールしてください。

1 – カスタム設定をマイグレード

タスクバーのスタートボタンをクリックします。
すべてのプログラムの中から[AutoCAD LT 201*]-[カスタム設定をマイグレード]-[以前のリリースからマイグレード]を選択します。

tkn_migration-3_10

Windows8の場合は、すべてのアプリの中から[以前のリリースからマイグレード]を選択します。

tkn_migration-3_10-8

2 – カスタム設定項目の選択

[カスタム設定をマイグレード]ダイアログボックスが表示されるので、[次の設定をマイグレード]で、今まで使っていたAutoCAD LTのバージョンを選択します。
設定を読み込みたい項目にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。

tkn_migration-3_20

3 – 読み込みの完了

読み込みが完了すると、ダイアログボックスに「プロファイルのマイグレードに成功しました。ログファイルを確認しますか?」と表示されるので、[OK]ボタンをクリックして終了します。

tkn_migration-3_30

ブラウザが開き、カスタム設定の読み込み(マイグレーション)を行った結果の詳細が表示されます。右上の[×(閉じる)]ボタンをクリックして閉じます。
カスタム設定の読み込みが終了し、新しくインストールしたAutoCAD LTに、今まで使っていたAutoCAD LTのカスタム設定が引き継がれました。

tkn_migration-3_40