ホーム > 投稿

更新情報

バージョン、シリアル番号、サービスパックを確認したい

 カテゴリ:

お使いのAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンやシリアル番号、適用されているサービスパックなどを確認する方法をご紹介します。
この方法では下記などを確認することができます。
お使いのAutoCAD LTに最新のサービスパックが適用されているかなど、インストール状況を確認したいときに使用できます。

  • AutoCAD LTのバージョン
  • 適用されているサービスパック
  • 製品のシリアル番号
  • ライセンスID

続きを読む

図面データ(DWG)を作成したバージョンが知りたい

 カテゴリ:

「このAutoCADの図面データは、どのバージョンで保存されているのだろう・・・」
AutoCAD/AutoCAD LTで保存した図面データは通常「DWGデータ形式」で保存されます。このDWGデータにもバージョンがあり、AutoCAD/AutoCAD LTの新しいバージョンで作成したDWGデータは古いバージョンで開けない場合があります。
開けるはずなのに開けないなどDWGデータのバージョンを確認したいときに役立つ方法をご紹介します。ファイル名や拡張子を見てもDWGデータのバージョンはわかりませんが、メモ帳などのテキストエディタを使うことでDWGデータのバージョンを簡単に確認できます。
続きを読む

レイアウトをモデルに変換したい2

 カテゴリ:

レイアウト空間にあるデータをモデル空間に移したいときは、[レイアウト-モデル変換]コマンドを使用します。
[レイアウト-モデル変換]コマンドは、レイアウトにあるオブジェクトを新規図面としてモデル空間に書き出すことができるコマンドです。
レイアウトの機能を搭載していない他CADソフトにレイアウト空間にあるの図面データを渡したいときなどに使用できます。
続きを読む

モデル空間の一部分を印刷したい

 カテゴリ:

AutoCAD図面またはAutoCAD LT図面のモデル空間に作図した図面の一部分を印刷するには、印刷ダイアログボックスにある「印刷領域」を使用します。
「印刷領域」で印刷したい部分を指定することで、モデル空間の任意の部分のみを印刷することができます。
印刷の出力先は、プリンタ、プロッター、PDFファイルなどを選ぶことができます。
続きを読む

バルーン(風船記号)を作成したい2

 カテゴリ:

バルーン(風船記号)を作成したいときは、[マルチ引出線]コマンドを使用します。
[マルチ引出線]コマンドでは、引出線のプロパティを細かく設定することができます。
引出線の種類から[ブロック]を選択すると、円や多角形で囲まれた引出線を簡単に記入することができます。

続きを読む

面積を調べたい(LISTコマンド)

 カテゴリ:

AutoCAD LTで面積を調べる方法に、[LIST]コマンドまたは[オブジェクト情報]コマンドがあります。
指定したオブジェクトの面積を確認したいときに役立ちます。
面積を調べたい領域を[境界作成]コマンドを使って閉じたポリラインとして指定しておき、[LIST]コマンドまたは[オブジェクト情報]コマンドで面積を調べることができます。
続きを読む

面積を測りたい(計測-面積コマンド)2

 カテゴリ:

AutoCAD LTで面積を調べる方法に、[計測-面積]コマンドがあります。
指定した領域の面積を確認したいときに役立ちます。
面積を調べたい領域を[境界作成]コマンドを使って閉じたポリラインとして指定しておき、[計測]-[面積]コマンドで面積を調べることができます。
続きを読む

20/25ページ最初へ...10...1819202122...最後へ