ホーム > 投稿

更新情報

AutoCAD LT のDWG形式とは?

 カテゴリ:

DWG(ディーダブリュジー)は、AutoCADやAutoCAD LTなどのAutodesk製品で使用されている標準のデータ形式です。
DWGデータ形式には以下の種類があり、AutoCADのバージョンにより対応できるデータ形式が異なります。

  • 2018形式:AutoCAD 2018/AutoCAD LT 2018 図面(*.dwg)
  • 2013形式:AutoCAD 2013/AutoCAD LT 2013 図面(*.dwg)
  • 2010形式:AutoCAD 2010/LT2010 図面(*.dwg)
  • 2007形式:AutoCAD 2007/LT2007 図面(*.dwg)
  • 2004形式:AutoCAD 2004/LT2004 図面(*.dwg)
  • 2000形式:AutoCAD 2000/LT2000 図面(*.dwg)
  • R14形式:AutoCAD R14/LT98/LT97 図面(*.dwg)

最新バージョンのAutoCAD LTで古いバージョンのDWGデータを読み込むことはできますが、古いバージョンAutoCAD LTで最新バージョンのDWGデータを読み込むことはできません。
バージョンが異なるAutoCAD間でDWGデータのやり取りを行う場合は、お互いのバージョンを確認し、読み込み可能なデータ形式で保存する必要があります。

DWGデータ形式の種類と対応しているAutoCAD LTのバージョンは以下の通りです。
続きを読む

古いバージョンで開ける図面データを作成したい

 カテゴリ:

最新バージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)は、そのままでは古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで開くことはできません。これは図面ファイルのDWGデータ形式がAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンにより異なるのが原因です。
古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)を開くには、図面を保存する際に古いバージョンで開けるDWGデータ形式で保存する必要があります。
DWGデータ形式には、2018形式、2013形式、2010形式、2007形式など複数のバージョンがあります。DWGデータを渡す相手側が使用しているAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンを確認して、対応しているDWGデータ形式で保存してください。
(※古いバージョンのDWGデータ形式は新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTでそのままで開くことができます。)
続きを読む

DWGファイル形式のバージョンを一括で調べるには?(DWG TrueView)

 カテゴリ:

取引先などから受け取ったDWGファイルを開けない場合、DWGファイルのバージョンが影響していることが考えられます。
DWGファイルには2018形式、2013形式、2010形式、2007形式などのバージョンがあります。DWGファイルのバージョンは保存するAutoCADのバージョンや設定で決まり、古いバージョンのAutoCADでは新しいバージョンのDWGファイルを開けません。
受け取ったDWGファイルが、どのバージョンで保存されているのかは拡張子やファイル名から判別できません。
ここでは、「DWG TrueView」を使って複数のDWGファイルのバージョンを一括で確認する方法をご紹介します。
※確認するファイルが1つのときはFAQ「図面データ(DWG)を作成したバージョンが知りたい」をご覧ください
tkn_faq-file-21188_00
続きを読む

ビューポートが重なった箇所の図を見えないようにするには?

 カテゴリ:

ペーパー空間に追加したビューポートが配置位置、用紙サイズ、縮尺などの都合で他のビューポートと重なってしまうとき、お互いの図形も重なってしまいます。
ビューポートは画層にように上下の考えが無いので表示順序を入れ替えることができません。背景色を不透明にする設定もありません。また、指定した境界を非表示にするワイプアウトを使用しても重なるビューポートの片方を見えないようにすることは困難です。
ここではビューポートの領域を編集して重なったビューポートの片方の一部分を見えないようにする方法をご紹介します。
tkn_faq-output-21158_00
続きを読む

寸法補助線の長さを揃えるには?

 カテゴリ:

記入した寸法線の寸法補助線(寸法の足)は長さを変えることができます。
他の図形と重ならないように寸法補助線の長さを揃えることで図面が見やすくなります。
AutoCADで寸法補助線の長さを変更するには寸法スタイルを設定します。寸法スタイルで寸法線から寸法の起点までの長さを設定することで寸法補助線の長さを変更できます。
図面内の同じ寸法スタイルが適用されている寸法の寸法補助線の長さを固定して一括変更する方法です。
tkn_faq-measure-21091_00
続きを読む

XYの座標寸法を記入するには?

 カテゴリ:

AutoCAD LTには座標点の寸法値を記入できる[座標寸法記入]コマンドがあります。
図面の原点(0,0)から任意の点までの水平距離(X)を垂直距離(Y)の座標値を引き出して記入できます。
図形の座標、部品の穴座標などを図面上に表記するときに使用します。
tkn_faq-measure-20982_00
続きを読む

文字のサイズを一括変更するには?(異縮尺対応の場合)

 カテゴリ:

AutoCADのDWGデータ形式で受け取った図面を開いたら、文字が小さすぎる、または、大きすぎるなど文字サイズが適切でないケースがあります。
そのDWGデータが「異縮尺対応の注釈」を使用しているなら、簡単に図面内の文字サイズを一括で変更できます。
本FAQでは、文字の色・線種・太さ・画層などに関係なく図面内の全て文字のサイズを一括変更する手順を解説します。
※異縮尺対応の注釈を使用していない場合は「文字のサイズを一括変更するには?(非異縮尺対応の場合)」をご覧ください。

tkn_faq-text-20941_00

続きを読む

文字のサイズを一括変更するには?(非異縮尺対応の場合)

 カテゴリ:

AutoCADではないCADで作成されたデータを読み込んだ際、文字が小さすぎる、または大きすぎるなど文字サイズが適切でないことがあります。
そんなときは図面内の文字サイズを一括で変更して、その後で個別に文字サイズを調整すると作業が容易になります。
本FAQでは他CADデータを読込んで、文字の色・線種・太さ・画層などに関係なく全て文字のサイズを一括変更する手順までを解説します。
※異縮尺対応の文字を使用している場合はFAQ「文字のサイズを一括変更するには?(異縮尺対応の場合)」をご覧ください。
tkn_faq-text-20853_00
続きを読む

面積の値が正しく計測されない(閉じたポリラインの場合)

 カテゴリ:

閉じたポリラインで作成した領域の面積はオブジェクトプロパティ管理で確認できます。
このオブジェクトプロパティ管理に表示される面積値が明らかに異なるとき、原因としてポリラインが閉じていないことが考えられます。
僅かに開いているポリラインを閉じたポリラインに修正することで、正しい面積値を表示させることができます。(※直交している図形などで明らかに結果が正しくない場合に役立ちます。)
tkn_faq-measure-20348_00
続きを読む

2/25ページ12345...1020...最後へ