ホーム > 投稿

更新情報

分解できないブロックを分解できるようにするには?

 カテゴリ:

受け取ったDWG/DXFデータに含まれているブロックや、過去に作成・挿入したブロックを線や円弧などの個別のオブジェクトに分解できない場合があります。これは原因として、ブロックが分解されない場合は分解しようとしたブロックの設定[分解を許可]が有効になっていないことが考えられます。
ブロックの設定を変更することで、複合オブジェクトであるブロックは[分解]コマンド(EXPLODE)を使うことでブロック状態を解除でき、ブロックを構成していたオブジェクト(要素)に分解できます。
ここでは、ブロックのオブジェクトプロパティにある[分解を許可]を有効にして、ブロックを分解可能にする方法をご紹介します。
tkn_faq-correction-21411_00
続きを読む

[マルチテキスト]で記入した文字を[尺度変更]をすると文字のレイアウトが崩れる

 カテゴリ:

日本語入力モードで記入した[マルチテキスト]を[尺度変更]をすると、文字のレイアウトが崩れることがあります。
これはマルチテキストのプロパティにある「段組み」の設定が原因です。この設定を変更することでレイアウトの崩れを防ぐことができます。
「段組み」の設定はマルチテキストのオブジェクトプロパティ管理で設定します。
ここではマルチテキストを指定して「段組み」の設定を変更する手順をご紹介します。
tkn_faq-text-21391_00
続きを読む

窓選択・交差選択などで囲ったオブジェクトの一部が選択されない

 カテゴリ:

[窓選択][交差選択]コマンドで囲ったはずのオブジェクト(線・円・文字など)が選択されない原因として「画面移動」が考えられます。
広い範囲にあるオブジェクトを選択するとき、[画面移動]コマンドを使って作図領域に表示される部分を移動しながらオブジェクトを囲みます。このとき、最初に囲ったオブジェクトが選択されないことがあります。これは画面移動により最初に囲ったオブジェクトが作図領域外に移動してしまった場合に発生しています。
この現象はAutoCAD・AutoCAD LTのバージョン2016以前で発生しますが、バージョン2018またはアップデート済みのバージョン2017で改善されています。
続きを読む

常に画層メニューを表示させるには?(バージョン2018)

 カテゴリ:

画層の切り替え時に使用する[画層コントロール]メニューは[ホーム]タブ内に配置されています。そのため、他タブが表示されている場合は[画層コントロール]メニューを直ぐに選択できません。一度[ホーム]タブを表示させてから、画層の切り替えを行わなければならず面倒です。
この問題の回避策としてクイックアクセスツールバーに[画層コントロール]メニューを追加する方法が利用されています。[画層コントロール]メニューを追加するにはちょっとした操作が必要でしたが、AutoCAD2018/LT2018バージョンには簡単に追加できる機能が搭載されています。
画面右上にあるクイックアクセスツールバーに[画層コントロール]メニューを常に表示させておくことで、画層の切り替えが容易に行えるようになります。
tkn_faq-layer-21299_00
続きを読む

サブスクリプションや保守プランのWebサポートを利用するには?

 カテゴリ:

保守プラン(旧名:メンテナンス サブスクリプション)またはサブスクリプション(旧名:デスクトップ サブスクリプション)を契約していると、専用WEBサイト「Autodeskアカウント」にログインするとメーカー対応のWebサポートを利用できます。

インストールを正常に行えない、起動しない、エラーメッセージが表示されるなどのインストール・アクティベーション・動作異常に関する問い合わせを専用WEBサイトから行うことができます。

ここでは、Autodeskアカウントでログインした後に、メーカー対応のWebサポートを利用する方法をご紹介します。
続きを読む

文字編集できない文字を編集できるように変換したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

PDF図面データをAutoCADで読込んだ際、SHXフォント(シェイプフォント)で記入されている文字は線や円弧の集合体として読込まれてしまいます。そのため、見た目は文字ですが文字オブジェクトとして認識されず文字編集を行うことができませんでした。
この問題に対処するためAutoCAD2018・LT2018に新機能「SHX文字変換コマンド」が搭載されました。
このコマンドを実行することで、線や円弧の集合体になっている文字を文字オブジェクト(マルチテキスト)へ変換でき、変換後は文字編集を行えるようになります。
(※SHX文字変換コマンドは英数字のSHXフォント(romansやtxtなど)のみに対応しています)
tkn_faq-text-21261_00
続きを読む

ライセンスが承認されずAutoCAD LTが起動しない

 カテゴリ:

AutoCAD LTが起動しない、アクティベーションを繰り返し要求される、エラー「0015.111」が発生する、「入力したシリアル番号は正しくありません。もう一度入力してください」と表示されるなど、AutoCAD LTが正常に起動しないときは、原因として、コンピュータにあるライセンス情報ファイルが破損している、Windowsオペレーティングシステムのエラーなどが考えられるそうです。
Autodesk Knowledge Networkにある下記投稿をご参考にしてみてください。


バラバラの文字オブジェクトを結合したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

特記仕様など文章中の文字オブジェクトがバラバラになる原因として、[文字記入(TEXT)]コマンドで1行文字として記入されている場合、AutoCADではないCADで作成したDXFデータを開いた場合などが考えられます。
文章を構成する文字オブジェクトが、1行毎、単語、文字単位でバラバラになっていると文章として編集するには不便です。
別々の文字オブジェクトを1つの文章として結合するには、AutoCAD2018/AutoCAD LT2018から追加された[文字を結合(TXT2MTXT)]コマンドが便利です。
選択した文字オブジェクトをマルチテキストに変更できるので、文章の編集が容易になります。
tkn_faq-text-21220_00
続きを読む

AutoCAD LT のDWG形式とは?

 カテゴリ:

DWG(ディーダブリュジー)は、AutoCADやAutoCAD LTなどのAutodesk製品で使用されている標準のデータ形式です。
DWGデータ形式には以下の種類があり、AutoCADのバージョンにより対応できるデータ形式が異なります。

  • 2018形式:AutoCAD 2018/AutoCAD LT 2018 図面(*.dwg)
  • 2013形式:AutoCAD 2013/AutoCAD LT 2013 図面(*.dwg)
  • 2010形式:AutoCAD 2010/LT2010 図面(*.dwg)
  • 2007形式:AutoCAD 2007/LT2007 図面(*.dwg)
  • 2004形式:AutoCAD 2004/LT2004 図面(*.dwg)
  • 2000形式:AutoCAD 2000/LT2000 図面(*.dwg)
  • R14形式:AutoCAD R14/LT98/LT97 図面(*.dwg)

最新バージョンのAutoCAD LTで古いバージョンのDWGデータを読み込むことはできますが、古いバージョンAutoCAD LTで最新バージョンのDWGデータを読み込むことはできません。
バージョンが異なるAutoCAD間でDWGデータのやり取りを行う場合は、お互いのバージョンを確認し、読み込み可能なデータ形式で保存する必要があります。

DWGデータ形式の種類と対応しているAutoCAD LTのバージョンは以下の通りです。
続きを読む

古いバージョンで開ける図面データを作成したい

 カテゴリ:

最新バージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)は、そのままでは古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで開くことはできません。これは図面ファイルのDWGデータ形式がAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンにより異なるのが原因です。
古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)を開くには、図面を保存する際に古いバージョンで開けるDWGデータ形式で保存する必要があります。
DWGデータ形式には、2018形式、2013形式、2010形式、2007形式など複数のバージョンがあります。DWGデータを渡す相手側が使用しているAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンを確認して、対応しているDWGデータ形式で保存してください。
(※古いバージョンのDWGデータ形式は新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTでそのままで開くことができます。)
続きを読む

1/25ページ12345...1020...最後へ