ホーム > FAQ > ファイル > AutoCAD LT のDWG形式とは?

AutoCAD LT のDWG形式とは?

 カテゴリ:

DWG(ディーダブリュジー)は、AutoCADやAutoCAD LTなどのAutodesk製品で使用されている標準のデータ形式です。
DWGデータ形式には以下の種類があり、AutoCADのバージョンにより対応できるデータ形式が異なります。

  • 2018形式:AutoCAD 2018/AutoCAD LT 2018 図面(*.dwg)
  • 2013形式:AutoCAD 2013/AutoCAD LT 2013 図面(*.dwg)
  • 2010形式:AutoCAD 2010/LT2010 図面(*.dwg)
  • 2007形式:AutoCAD 2007/LT2007 図面(*.dwg)
  • 2004形式:AutoCAD 2004/LT2004 図面(*.dwg)
  • 2000形式:AutoCAD 2000/LT2000 図面(*.dwg)
  • R14形式:AutoCAD R14/LT98/LT97 図面(*.dwg)

最新バージョンのAutoCAD LTで古いバージョンのDWGデータを読み込むことはできますが、古いバージョンAutoCAD LTで最新バージョンのDWGデータを読み込むことはできません。
バージョンが異なるAutoCAD間でDWGデータのやり取りを行う場合は、お互いのバージョンを確認し、読み込み可能なデータ形式で保存する必要があります。

DWGデータ形式の種類と対応しているAutoCAD LTのバージョンは以下の通りです。

※この記事の全文を読むには、無料会員登録が必要です。

会員登録がお済みでない方は

無料会員登録をする

会員登録がお済みの方は

ログインして続きを読む

「ファイル」カテゴリの他の記事