ホーム > FAQ > 画面表示 > AutoCAD LT 2015・2016にクラシック表示はありますか?

AutoCAD LT 2015・2016にクラシック表示はありますか?

 カテゴリ:

AutoCAD LT 2015以降、クラシック表示に切り替えできる「AutoCAD LT クラシック」メニューがなくなりました。
旧バージョンでは、[ワークスペースを切り替え]をクリックすると、インタフェースの切り替えが表示され、ここから[製図と注釈]と[AutoCAD LT クラシック]を選択することができました。
バージョン2015以降では、インタフェース切り替えの選択肢が[製図と注釈]のみとなり、[AutoCAD LT クラシック]という選択肢がなくなったため、クラシック表示のようなインタフェースで使用するには各個人でカスタマイズを行うことになります。

tkn_faq-display-17048_10

※この記事の全文を読むには、無料会員登録が必要です。

会員登録がお済みでない方は

無料会員登録をする

会員登録がお済みの方は

ログインして続きを読む

「画面表示」カテゴリの他の記事