ホーム > 月別アーカイブ - 4月2017

月別アーカイブ - 2017年4月

文字編集できない文字を編集できるように変換したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

PDF図面データをAutoCADで読込んだ際、SHXフォント(シェイプフォント)で記入されている文字は線や円弧の集合体として読込まれてしまいます。そのため、見た目は文字ですが文字オブジェクトとして認識されず文字編集を行うことができませんでした。
この問題に対処するためAutoCAD2018・LT2018に新機能「SHX文字変換コマンド」が搭載されました。
このコマンドを実行することで、線や円弧の集合体になっている文字を文字オブジェクト(マルチテキスト)へ変換でき、変換後は文字編集を行えるようになります。
(※SHX文字変換コマンドは英数字のSHXフォント(romansやtxtなど)のみに対応しています)
tkn_faq-text-21261_00
続きを読む

ライセンスが承認されずAutoCAD LTが起動しない

 カテゴリ:

AutoCAD LTが起動しない、アクティベーションを繰り返し要求される、エラー「0015.111」が発生する、「入力したシリアル番号は正しくありません。もう一度入力してください」と表示されるなど、AutoCAD LTが正常に起動しないときは、原因として、コンピュータにあるライセンス情報ファイルが破損している、Windowsオペレーティングシステムのエラーなどが考えられるそうです。
Autodesk Knowledge Networkにある下記投稿をご参考にしてみてください。


バラバラの文字オブジェクトを結合したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

特記仕様など文章中の文字オブジェクトがバラバラになる原因として、[文字記入(TEXT)]コマンドで1行文字として記入されている場合、AutoCADではないCADで作成したDXFデータを開いた場合などが考えられます。
文章を構成する文字オブジェクトが、1行毎、単語、文字単位でバラバラになっていると文章として編集するには不便です。
別々の文字オブジェクトを1つの文章として結合するには、AutoCAD2018/AutoCAD LT2018から追加された[文字を結合(TXT2MTXT)]コマンドが便利です。
選択した文字オブジェクトをマルチテキストに変更できるので、文章の編集が容易になります。
tkn_faq-text-21220_00
続きを読む