ホーム > 月別アーカイブ - 9月2012

月別アーカイブ - 2012年9月

オフライン環境でヘルプを見るには?

 カテゴリ:

AutoCAD LT2013バージョンから、ヘルプ機能はオンライン(インターネット経由)での参照が初期設定になっています。
初期設定のままでは、オフライン環境(インターネット未接続)でヘルプを参照できません。
オフライン環境でヘルプを参照するには、あらかじめメーカーサイトからヘルプをダウンロードしておく必要があります。
続きを読む

AutoCAD LTでSXF形式データに変換できますか?3

 カテゴリ:

AutoCAD LTには、電子納品用のSXFデータ(p21/sfc)形式へのデータコンバート機能が搭載されていないため変換することはできません。

AutoCAD LTでSXF形式データに変換するには?

AutoCAD LTをベースにAutodesk CALS Toolsを加えた「AutoCAD LT Civil Suite」でSXF(sfc/p21)データの作成ができます。
SXFデータの変換を高速に行える以外にも、電子納品のための要求仕様に準拠するように、自動振分機能なども搭載しています。
続きを読む

複数の図面データを1つのPDFファイルにするには?2

 カテゴリ:

AutoCAD2010/LT2010以降では、[マルチシートDWFをパブリッシュ]を使用して作成した複数の図面データを1つのPDFファイルにすることができます。
PDF形式で保存すると無料のビューワソフト「Adobe Reader」などでAutoCAD(LT)の図面データを見ることができるようになります。
Adobe Readerは、ワープロやDTPソフト等のデータ閲覧用に広く使用されています。
続きを読む

サービスパックを適用するには?

 カテゴリ:

お使いのAutoCADを最新の状態にするためのサービスパック(Service Pack)や更新プログラムはオートデスクのホームページに公開されています。
サービスパックを適用することで、各バージョンのAutoCADリリース後に見つかったさまざまな問題が解決されます。
続きを読む

AutoCAD LT 2004の動作環境を知りたい

 カテゴリ:

AutoCAD LT2004の動作環境です。
対応OSはWindowsXP、Windows2000、WindwosNT4.0です。
当時Windows7は無かったので対応していません。 また、2009以前のバージョンはサポート期間が終了しているためWindows 8対応は考慮されていないそうです。
詳しくは下記メーカーサイトをご覧ください。

 

動作環境

※内容は発売されていた当時のものです。

CPU Intel Pentium 3 800MHz以上または互換プロセッサ
メモリ 256MB以上推奨
ハードディスク 200MB以上の空き容量
ディスプレイ解像度 1024×768 VGA True Color
OS Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows 2000 Professional
Windows NT4.0 SP6a以降
周辺機器 CD-ROMドライブ(インストール時)
マウス、トラックボールあるいはその他のポインティングデバイス
その他 Internet Explorer 6.0 SP1 以降

AutoCAD LT 2005の動作環境を知りたい

 カテゴリ:

AutoCAD LT2005の動作環境です。
Windows 7には対応していません。 また、2009以前のバージョンはサポート期間が終了しているためWindows 8対応は考慮されていないそうです。
詳しくは下記メーカーサイトをご覧ください。

 

動作環境

※内容は発売されていた当時のものです。

CPU Intel Pentium 3 800MHz以上または互換プロセッサ
メモリ 256MB以上推奨
ハードディスク 200MB以上の空き容量
ディスプレイ解像度 1024×768 VGA True Color
OS Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition
Windows 2000 Professional
Windows NT4.0 SP6a以降
周辺機器 CD-ROMドライブ(インストール時)
マウス、トラックボールあるいはその他のポインティングデバイス
その他 Internet Explorer 6.0 SP1 以降

AutoCAD LT 2006の動作環境を知りたい

 カテゴリ:

AutoCAD LT2006の動作環境です。
Windows 7には対応していません。 また、2009以前のバージョンはサポート期間が終了しているためWindows 8対応は考慮されていないそうです。
詳しくは下記メーカーサイトをご覧ください。

 

動作環境

※内容は発売されていた当時のものです。

CPU Intel Pentium 3 800MHz以上または互換プロセッサ
メモリ 512MB以上推奨
ハードディスク 300MB以上の空き容量
ディスプレイ解像度 1024×768 VGA True Color
OS Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Tablet PC Edition、
Windows 2000 Professional SP4
周辺機器 CD-ROMドライブ(インストール時)
マウス、トラックボールあるいはその他のポインティングデバイス
その他 Internet Explorer 6.0 SP1 以降

AutoCAD LT 2007の動作環境を知りたい2

 カテゴリ:

AutoCAD LT2007の動作環境です。
Windows 7には対応していません。 また、2009以前のバージョンはサポート期間が終了しているためWindows 8対応は考慮されていないそうです。
詳しくは下記メーカーサイトをご覧ください。

 

動作環境

※内容は発売されていた当時のものです。

CPU Intel 4 または Pentium3 800MHz以上
メモリ 512MB以上推奨
ハードディスク 550MB以上の空き容量 (インストール時)
ディスプレイ解像度 1024×768 VGA True Color
OS Windows XP Professional (SP1またはSP2)
Windows XP Home Edition (SP1またはSP2)
Windows XP Tablet PC Edition (SP2)
Windows 2000 Professional (SP4)
※Windows Vistaでの使用にはアップデートプログラムが必要です。
周辺機器 CD-ROMドライブ(インストール時)
マウス、トラックボールあるいはその他のポインティングデバイス
その他 Internet Explorer 6.0 SP1 以降

グリップモードで図形を回転したい1

 カテゴリ:

オブジェクトを選択すると表示される正方形をグリップといいます。
グリップを使用した編集操作をグリップモードと呼び、グリップモードを使用すると、コマンドを使用せずに図形を簡単に修正することができます。
グリップモードの[回転]を使用して、[回転]コマンドを使用せずにオブジェクトを回転することができます。
続きを読む