ホーム > カテゴリ - 文字

カテゴリ - 文字

FAQをタイトルのみの一覧表示に切り替える

[マルチテキスト]で記入した文字を[尺度変更]をすると文字のレイアウトが崩れる

 カテゴリ:

日本語入力モードで記入した[マルチテキスト]を[尺度変更]をすると、文字のレイアウトが崩れることがあります。
これはマルチテキストのプロパティにある「段組み」の設定が原因です。この設定を変更することでレイアウトの崩れを防ぐことができます。
「段組み」の設定はマルチテキストのオブジェクトプロパティ管理で設定します。
ここではマルチテキストを指定して「段組み」の設定を変更する手順をご紹介します。
tkn_faq-text-21391_00
続きを読む

文字編集できない文字を編集できるように変換したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

PDF図面データをAutoCADで読込んだ際、SHXフォント(シェイプフォント)で記入されている文字は線や円弧の集合体として読込まれてしまいます。そのため、見た目は文字ですが文字オブジェクトとして認識されず文字編集を行うことができませんでした。
この問題に対処するためAutoCAD2018・LT2018に新機能「SHX文字変換コマンド」が搭載されました。
このコマンドを実行することで、線や円弧の集合体になっている文字を文字オブジェクト(マルチテキスト)へ変換でき、変換後は文字編集を行えるようになります。
(※SHX文字変換コマンドは英数字のSHXフォント(romansやtxtなど)のみに対応しています)
tkn_faq-text-21261_00
続きを読む

バラバラの文字オブジェクトを結合したい(LT2018新機能)

 カテゴリ:

特記仕様など文章中の文字オブジェクトがバラバラになる原因として、[文字記入(TEXT)]コマンドで1行文字として記入されている場合、AutoCADではないCADで作成したDXFデータを開いた場合などが考えられます。
文章を構成する文字オブジェクトが、1行毎、単語、文字単位でバラバラになっていると文章として編集するには不便です。
別々の文字オブジェクトを1つの文章として結合するには、AutoCAD2018/AutoCAD LT2018から追加された[文字を結合(TXT2MTXT)]コマンドが便利です。
選択した文字オブジェクトをマルチテキストに変更できるので、文章の編集が容易になります。
tkn_faq-text-21220_00
続きを読む

文字のサイズを一括変更するには?(異縮尺対応の場合)

 カテゴリ:

AutoCADのDWGデータ形式で受け取った図面を開いたら、文字が小さすぎる、または、大きすぎるなど文字サイズが適切でないケースがあります。
そのDWGデータが「異縮尺対応の注釈」を使用しているなら、簡単に図面内の文字サイズを一括で変更できます。
本FAQでは、文字の色・線種・太さ・画層などに関係なく図面内の全て文字のサイズを一括変更する手順を解説します。
※異縮尺対応の注釈を使用していない場合は「文字のサイズを一括変更するには?(非異縮尺対応の場合)」をご覧ください。

tkn_faq-text-20941_00

続きを読む

文字のサイズを一括変更するには?(非異縮尺対応の場合)

 カテゴリ:

AutoCADではないCADで作成されたデータを読み込んだ際、文字が小さすぎる、または大きすぎるなど文字サイズが適切でないことがあります。
そんなときは図面内の文字サイズを一括で変更して、その後で個別に文字サイズを調整すると作業が容易になります。
本FAQでは他CADデータを読込んで、文字の色・線種・太さ・画層などに関係なく全て文字のサイズを一括変更する手順までを解説します。
※異縮尺対応の文字を使用している場合はFAQ「文字のサイズを一括変更するには?(異縮尺対応の場合)」をご覧ください。
tkn_faq-text-20853_00
続きを読む

文字の編集を連続して行うことはできる?

 カテゴリ:

一行文字やマルチテキスト、寸法文字などの注釈を編集する際、1つの注釈を編集するのか、連続して複数の注釈を編集するのか選択できます。
この選択は文字編集コマンド(TEXTEDIT)を実行後、コマンドのオプションで行います。
ここではコマンド未実行の状態から、文字編集コマンドを実行し、一行文字とマルチテキストを連続編集する手順をご紹介します。
※文字編集コマンドは一行文字や寸法文字をダブルクリックして実行することもできます。

tkn_faq-text-19872_00
続きを読む

文字の位置を変えずに基点を変更するには?

 カテゴリ:

文字には「挿入基点」という基点があります。挿入基点とは、文字数が増減する場合に基点となる点のことで、文字を選択(クリック)すると、文字の左下に表示される移動用のグリップの他に、文字の基点となる挿入基点のグリップが表示されます。

中央(MC)を基点にしている文字の場合は、移動用のグリップ(文字の左下)の他に、文字列の中心に挿入基点のグリップが表示されます。文字数が増えると左右均等に増減します。
一方、左寄せ(L)を基点を持つ文字の場合は、移動用のグリップと挿入基点のグリップが文字の左下に重なって表示されます。文字数が増えると右に延伸します。

tkn_faq-text-10988_10

オブジェクトプロパティ管理で文字の位置合わせを[左寄せ(L)]から[中央(MC)]に変更すると、変更前の文字の基点が継承されて、文字位置が移動してしまいます。

tkn_faq-text-10988_20

ここでは、文字の位置を変えずに、基点を[左寄せ(L)]から[中央(MC)]に変更する方法をご紹介します。
続きを読む

印刷すると文字が白抜きになってしまう

 カテゴリ:

図面内の文字が出力時に、すべて白抜き文字(文字の輪郭のみ)になってしまう現象は、以下の2通りがあります。

  1. AutoCAD LTの画面上で文字が白抜きで表示されてしまい、印刷出力しても白抜き文字になる。
  2. AutoCAD LTの画面上では文字は塗潰しで表示されているのに、印刷出力すると白抜き文字になる。

ここでは、1つ目のパターン「AutoCAD LTの画面上の表示が白抜き文字の場合」における原因と、白抜き文字を塗潰し文字に戻す手順をご紹介します。

続きを読む

分数表記はできますか?

 カテゴリ:

AutoCAD LTで分数や許容差を表す文字を作成するには、マルチテキストの中にある、「スタック文字」という書式設定機能を利用して、表現することができます。
ここでは、スタック文字で分数表記する方法をご紹介します。


続きを読む

1/2ページ12

お探しの情報が見つからない時は、サイト内検索の機能をご利用ください

「FAQリクエスト」受付中です!

FAQに掲載して欲しい内容を投稿したり、他のユーザーの投稿に投票したりすることができる「リクエスト掲示板」をご利用いただけます。ぜひご活用ください。