ホーム > カテゴリ - FAQ

カテゴリ - FAQ

FAQをタイトルのみの一覧表示に切り替える

ホームユースライセンスをリクエストするには?

 カテゴリ:

ホームユース権(自宅使用権)は、保守プラン(旧名:Maintenance Subscription)契約期間中に利用できるサービスです。

ホームユースライセンスを申請すると会社で使用しているオートデスク製品(AutoCAD LT等)を従業員が自宅で使用するためのライセンスが発行されます。
自宅での仕事や操作習得するための自習などの目的で、会社から離れた自宅でオートデスク製品をインストールして使用できます。
なお、会社か自宅、一度に使用できるのはどちらか1つのみです。

ホームユースライセンスを申請は、Autodesk Accountから行えます。
続きを読む

手軽に複数の線分を延長するには?

 カテゴリ:

線分を延長するとき、延長コマンドやストレッチコマンドを使用しますが、適当な基準線がなかったり、他の線分が邪魔になっていて延長させたい線分が選択しにくい時があります。
そのような時は、「グリップ編集」と「グリップの複数選択」を利用すると、選択したいグリップだけを狙って選択することができ便利です。
ここでは、「グリップ編集」と「グリップの複数選択」を使用して、下図の水色の水平線2本を同じ長さ分、延長する手順をご紹介します。

tkn_faq-correction-18813_10
続きを読む

クリップで切り抜いた図形を元に戻すには?

 カテゴリ:

AutoCAD LTは、ブロックやPDFなどの外部参照(アタッチ)の表示を、指定した領域で切り抜くことができます。
ここでは、[クリップ]コマンドを用いて、クリップを削除し、切り抜いたブロックを元に戻す方法をご紹介します。

tkn_faq-correction-18767_10

クリップコマンドを用いて、ブロックを切り抜く手順は、下記FAQをご覧ください。

続きを読む

AutoCAD LT から高品質なPDF出力するには?

 カテゴリ:

AutoCAD LT 2016 から、高い画質でPDF出力を行えるようになりました。
印刷時に出力先を「PDF」に変更することで、出力時のPDFオプションを設定できます。
このPDFオプションで品質設定を高くすると、円や曲線部分が滑らかになります。
ここでは、PDFオプションの設定を変更して、高品位でPDF出力を行う方法をご紹介いたします。

【対応バージョン】

AutoCAD2016、AutoCAD LT2016

tkn_faq-output-18715_10
続きを読む

AutoCAD LT 2016の動作環境を知りたい2

 カテゴリ:

AutoCAD LT2016の動作環境です。
Windows 7およびWindows 8/8.1(32ビット/64ビット)に対応しています。
Windows 10にはサービスパック1を適用することで対応しています。
大規模な図面データを扱う場合は、64ビット環境でのご利用をお勧めします。

【オートデスク製品のWindows 10および.NET 4.6のサポート】

オートデスク製品のWindows10対応状況は、下記メーカーサイトをご覧ください。

動作環境

32ビット環境

CPU Intel Pentimum 4 プロセッサ以上
AMD Athlon 64 プロセッサ以上
メモリ 2GB以上(3GB推奨)
ハードディスク 4GB(インストール時)
ディスプレイ解像度 1024×768 True Color(推奨:1600×1050以上)
OS Windows 10 ※要サービスパック1
Windows 8 / 8.1 Enterprise
Windows 8 / 8.1 Pro
Windows 8 / 8.1
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
周辺機器 DVDドライブ(インストール時)
マイクロソフト社製マウスまたは互換製品
その他 Microsoft Internet Explorer 9.0以降
.NET Framework Version 4.5

64ビット環境

CPU Intel Pentimum 4 プロセッサ以上
AMD Athlon 64 プロセッサ以上
メモリ 4GB以上(8GB推奨)
ハードディスク 4GB以上 (インストール時)
ディスプレイ解像度 1024×768 True Color(推奨:1600×1050以上)
OS Windows 10 ※要サービスパック1
Windows 8 / 8.1 Enterprise
Windows 8 / 8.1 Pro
Windows 8 / 8.1
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
周辺機器 DVDドライブ(インストール時)
マイクロソフト社製マウスまたは互換製品
その他 Microsoft Internet Explorer 9.0以降
.NET Framework Version 4.5

【参考】オートデスクサイトの動作環境情報ページ

LT2016 新機能:スマート寸法記入

 カテゴリ:

AutoCAD LTは、毎年バージョンが更新されて、新機能が加わっています。
ここでは、2015年3月末にリリースされたAutoCAD LT 2016で追加された新機能のひとつである「スマート寸法記入」についてご紹介します。

tkn_faq-measure-18607_10

【対応バージョン】

AutoCAD2016、AutoCAD LT2016
続きを読む

線端を正確に選択するには?

 カテゴリ:

下図は、長辺の長さ50で作図した長方形に、寸法を記入した図です。
ところが、寸法を記入する際に、長方形の端点を正確にクリックすることができず、正確な寸法が表示できていません。
AutoCAD LT には、作図したオブジェクト(線・円・文字など)が持っている「ポイント(端点・中点・中心点など)」にマウスカーソルを吸着させる「オブジェクトスナップ(OSNAP)」という機能があります。このオブジェクトスナップ(OSNAP)がオフになっていると、オブジェクトが持っているポイントを正確に選択することができません。
ここでは、オブジェクトスナップ(OSNAP)を切り替えて、線分の端点を正確に選択する方法をご紹介します。

tkn_faq-config-18513_10
続きを読む

お探しの情報が見つからない時は、サイト内検索の機能をご利用ください

「FAQリクエスト」受付中です!

FAQに掲載して欲しい内容を投稿したり、他のユーザーの投稿に投票したりすることができる「リクエスト掲示板」をご利用いただけます。ぜひご活用ください。