ホーム > カテゴリ - FAQ

カテゴリ - FAQ

FAQをタイトルのみの一覧表示に切り替える

面積を調べたい(LISTコマンド)

 カテゴリ:

AutoCAD LTで面積を調べる方法に、[LIST]コマンドまたは[オブジェクト情報]コマンドがあります。
指定したオブジェクトの面積を確認したいときに役立ちます。
面積を調べたい領域を[境界作成]コマンドを使って閉じたポリラインとして指定しておき、[LIST]コマンドまたは[オブジェクト情報]コマンドで面積を調べることができます。
続きを読む

面積を測りたい(計測-面積コマンド)2

 カテゴリ:

AutoCAD LTで面積を調べる方法に、[計測-面積]コマンドがあります。
指定した領域の面積を確認したいときに役立ちます。
面積を調べたい領域を[境界作成]コマンドを使って閉じたポリラインとして指定しておき、[計測]-[面積]コマンドで面積を調べることができます。
続きを読む

文字入力で記号を入力したい

 カテゴリ:

AutoCADで記号を入力するには[ダイナミック文字記入]や[マルチテキスト]の文字入力コマンドを用途に応じて選択します。

[ダイナミック文字記入]は一行の文字列を記入することができるコマンドで、記号を入力したいときは特殊記号を使用します。
[マルチテキスト]は改行を含む文字列を記入することができるコマンドで、記号を入力したいときはシンボルリストから選択することができます。

特殊記号やシンボルリストには、直径記号(Φ)やプラスマイナス記号(±)など次の種類があります。
続きを読む

文字の背景を変更するには?

 カテゴリ:

文字の背景色を変更するには、[背景マスク]を使用します。
[背景マスク]はマルチテキストで記入した文字の背景を非表示にしたり、色を付けて白抜きにしたりすることができます。

どうしても線や円などのオブジェクト上に文字を記入しなければならないときに役立ちます。
文字と重なる部分を削除せずに図面を見やすくすることができます。

文字背景色
続きを読む

複数の線を1つのポリラインにしたい

 カテゴリ:

線分や円弧など複数のオブジェクトでできている図形を1つのポリラインに変更することができます。

【円弧と線分でできているオブジェクトの例】

tkn_faq-correction-558_00

円弧と線分でできているオブジェクトは、カーソルをあてると複数のオブジェクトでできていることがわかります。
1つのポリラインに変更できるオブジェクトは、端点が一致しているオブジェクトです。
続きを読む

[移動]コマンドで図形を整列させたい

 カテゴリ:

[移動]コマンドで図形を整列させたいときは、オブジェクトスナップトラッキングを使用します。

オブジェクトスナップトラッキングとは、AutoTrackとオブジェクトスナップを組み合わせたもので、最適な作図補助線を一時的に表示することができる機能です。

あらかじめ設定した位置にカーソルを合わせると、トラッキングベクトル(細かい破線の作図補助線)が自動的に表示されます。
続きを読む

WordのクリップアートをAutoCAD上で編集したい

 カテゴリ:

Microsoft OfficeのWordやExcelに搭載されているクリップアートやワードアートなどの画像データをAutoCAD(/LT)の図面上にコピーする方法をご紹介します。
この方法を使うと、クリップアートの輪郭線をAutoCADのポリラインとしてコピーされるのでAutoCAD(/LT)上で編集することができます。
続きを読む

20/25ページ最初へ...10...1819202122...最後へ

お探しの情報が見つからない時は、サイト内検索の機能をご利用ください

「FAQリクエスト」受付中です!

FAQに掲載して欲しい内容を投稿したり、他のユーザーの投稿に投票したりすることができる「リクエスト掲示板」をご利用いただけます。ぜひご活用ください。