ホーム > カテゴリ - 画層

カテゴリ - 画層

FAQをタイトルのみの一覧表示に切り替える

常に画層メニューを表示させるには?(バージョン2018)

 カテゴリ:

画層の切り替え時に使用する[画層コントロール]メニューは[ホーム]タブ内に配置されています。そのため、他タブが表示されている場合は[画層コントロール]メニューを直ぐに選択できません。一度[ホーム]タブを表示させてから、画層の切り替えを行わなければならず面倒です。
この問題の回避策としてクイックアクセスツールバーに[画層コントロール]メニューを追加する方法が利用されています。[画層コントロール]メニューを追加するにはちょっとした操作が必要でしたが、AutoCAD2018/LT2018バージョンには簡単に追加できる機能が搭載されています。
画面右上にあるクイックアクセスツールバーに[画層コントロール]メニューを常に表示させておくことで、画層の切り替えが容易に行えるようになります。
tkn_faq-layer-21299_00
続きを読む

JW-CADのように、どの画層に何が描かれているか確認したい

 カテゴリ:

複数の企業や複数の部署で、同じ図面を利用して作図を行うことがあります。
場合によっては、数十種類の画層が作成されてしまうこともあり、どの画層にどんな図形や注釈が描かれているかを調べるのは大変です。
ここでは、AutoCAD LTでも比較的簡単な方法で、JW-CADのように画層ごとに作図されている状態を調べることができる[画層閲覧]コマンドについてご紹介します。

tkn_faq-layer-17384_10
続きを読む

オブジェクトプロパティをまとめてByLayerに変更するには?

 カテゴリ:

画層は、色・線種・線の太さなどの情報(プロパティ)を持っています。
下図は、バラバラな画層で描かれたオブジェクトを、すべて「画層3(色:green)」に変更しています。
通常、同じ画層で描かれたオブジェクトの色・線種・線の太さなどのプロパティは、同じになるはずですが、画層の色が反映されていないオブジェクトがあります。
これは、オブジェクトのプロパティに、ByLayer以外の個別の設定がされていることが考えられます。
ここでは、オブジェクトのプロパティを全てByLayerに戻す方法をご紹介します。

tkn_faq-layer-13050_10

続きを読む

画層を編集禁止状態にするには?

 カテゴリ:

AutoCAD図面では、画層毎に編集禁止状態にすることができます。
編集禁止状態とは、作業領域に表示されていても[移動][複写][ストレッチ]などのコマンドで編集ができない状態です。
この、編集禁止状態を「ロック」といいます。
図面枠や、設備図における躯体など、位置の移動や変形してはならない(編集しない)図形がある場合に、ロックすることで、誤って編集することがなくなります。
ロックの切り替えは、[画層プロパティ管理]や[画層]で行います。ここでは、[画層プロパティ管理]で画層名[基準線]をロックして編集禁止にする手順をご紹介します。
続きを読む

画層を非表示にするには?

 カテゴリ:

AutoCAD図面では、画層毎に表示/非表示の切り替えを行うことができます。
非表示に切り替えた画層は作業領域に表示されず、選択や編集を行うことができなくなります。
この切り替えは、[画層プロパティ管理]や[画層]の「表示/非表示」または「フリーズ解除/フリーズ」で行います。
ここでは、下図中の画層名[基準線]を、画層プロパティ管理から[フリーズ]を選択して非表示にする手順を確認します。

tkn_faq-layer-13637_10
続きを読む

画層を変更しても図形の色や線種が変更されない

 カテゴリ:

図形は画層に属しています。
図形を他の画層へ移動する「画層変更」を行っても、色や線種が変更されない原因として、プロパティに[ByBlock]が設定されているケースが多いようです。
図形のプロパティには、画層プロパティ管理で設定した内容を適用する[ByLayer]と、ブロック時のみ挿入先の画層プロパティを適用する[ByBlock]を設定できます。
[ByBlock]の場合は、ブロック挿入以外のときには固有の属性を持たないものとして扱われ、0(ゼロ)画層のプロパティで表示されます。

ここでは、下図のように線の色と線種が[ByLayer]と[ByBlock]で構成された図形を、画層変更した場合の、[ByLayer]と[ByBlock]の変化の違いを確認してみます。
続きを読む

不要な画層や使用していないブロックを削除するには?1

 カテゴリ:

不要になった画層や、使用していないブロックなどが図面に残っていると、図面のデータ量が増加し、AutoCAD LTの動作が遅くなってしまう要因のひとつになります。
この問題を解消するため、不要になった画層や、使用していないブロックなどを削除するには、[削除]コマンドではなく、PURGE[名前削除]コマンドを使用します。
ここでは、[名前削除]コマンドで、現在未使用で不要なブロック定義を削除する方法を紹介します。
続きを読む

常に画層メニューを表示するには?(バージョン2009~2017)

 カテゴリ:

AutoCAD LT2009から採用された[リボン]メニュー表示形式では、画層を切り替えるには[ホーム]タブを表示する必要があります。
他のタブを表示している時は[画層コントロール]メニューが表示されていないため、すぐに画層の切替えを行えず不便です。画面上に[画層コントロール]メニューを常時表示させておく方法をご紹介します。

続きを読む

図面間で画層をコピーするには?2

 カテゴリ:

AutoCADの図面間で画層をコピーするには「DesignCenter(デザインセンター)」を使用します。
DesignCenterは、図面に関する情報を参照、検索、プレピュー表示することができるツールです。

tkn_faq-layer-493_00

【対応バージョン】

AutoCAD2005以降、AutoCAD LT2005以降
続きを読む

1/2ページ12

お探しの情報が見つからない時は、サイト内検索の機能をご利用ください

「FAQリクエスト」受付中です!

FAQに掲載して欲しい内容を投稿したり、他のユーザーの投稿に投票したりすることができる「リクエスト掲示板」をご利用いただけます。ぜひご活用ください。