ホーム > カテゴリ - ファイル

カテゴリ - ファイル

FAQをタイトルのみの一覧表示に切り替える

AutoCAD LT のDWG形式とは?

 カテゴリ:

DWG(ディーダブリュジー)は、AutoCADやAutoCAD LTなどのAutodesk製品で使用されている標準のデータ形式です。
DWGデータ形式には以下の種類があり、AutoCADのバージョンにより対応できるデータ形式が異なります。

  • 2018形式:AutoCAD 2018/AutoCAD LT 2018 図面(*.dwg)
  • 2013形式:AutoCAD 2013/AutoCAD LT 2013 図面(*.dwg)
  • 2010形式:AutoCAD 2010/LT2010 図面(*.dwg)
  • 2007形式:AutoCAD 2007/LT2007 図面(*.dwg)
  • 2004形式:AutoCAD 2004/LT2004 図面(*.dwg)
  • 2000形式:AutoCAD 2000/LT2000 図面(*.dwg)
  • R14形式:AutoCAD R14/LT98/LT97 図面(*.dwg)

最新バージョンのAutoCAD LTで古いバージョンのDWGデータを読み込むことはできますが、古いバージョンAutoCAD LTで最新バージョンのDWGデータを読み込むことはできません。
バージョンが異なるAutoCAD間でDWGデータのやり取りを行う場合は、お互いのバージョンを確認し、読み込み可能なデータ形式で保存する必要があります。

DWGデータ形式の種類と対応しているAutoCAD LTのバージョンは以下の通りです。
続きを読む

古いバージョンで開ける図面データを作成したい

 カテゴリ:

最新バージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)は、そのままでは古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで開くことはできません。これは図面ファイルのDWGデータ形式がAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンにより異なるのが原因です。
古いバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTで作成した図面(DWGデータ)を開くには、図面を保存する際に古いバージョンで開けるDWGデータ形式で保存する必要があります。
DWGデータ形式には、2018形式、2013形式、2010形式、2007形式など複数のバージョンがあります。DWGデータを渡す相手側が使用しているAutoCAD/AutoCAD LTのバージョンを確認して、対応しているDWGデータ形式で保存してください。
(※古いバージョンのDWGデータ形式は新しいバージョンのAutoCAD/AutoCAD LTでそのままで開くことができます。)
続きを読む

DWGファイル形式のバージョンを一括で調べるには?(DWG TrueView)

 カテゴリ:

取引先などから受け取ったDWGファイルを開けない場合、DWGファイルのバージョンが影響していることが考えられます。
DWGファイルには2018形式、2013形式、2010形式、2007形式などのバージョンがあります。DWGファイルのバージョンは保存するAutoCADのバージョンや設定で決まり、古いバージョンのAutoCADでは新しいバージョンのDWGファイルを開けません。
受け取ったDWGファイルが、どのバージョンで保存されているのかは拡張子やファイル名から判別できません。
ここでは、「DWG TrueView」を使って複数のDWGファイルのバージョンを一括で確認する方法をご紹介します。
※確認するファイルが1つのときはFAQ「図面データ(DWG)を作成したバージョンが知りたい」をご覧ください
tkn_faq-file-21188_00
続きを読む

PDFデータをAutoCAD LTで編集できるようにするには?

 カテゴリ:

AutoCAD LT 2017バージョンからPDFデータをAutoCAD LTで編集可能な図形として図面内に読込むことができるようになりました。
従来のバージョンでは、アタッチ機能を使用することでPDFデータを図面内に挿入できますが、ラスターデータとして扱われるためAutoCAD LTの図形として編集することはできません。
しかし、LT2017より加わった新機能「PDF読み込み」コマンドを使用すると、PDFデータからベクトルデータへ変換されるのでAutoCAD LTの図形として編集できます。
線は線分、円弧はポリライン、文字はTrueTypeフォントテキストとして扱えます。また、読み込み時に尺度、回転角度、画像などの設定も行えます。
tkn_faq-file-19521_00
従来のアタッチ機能を使用した場合、画像データのように1つのラスターデータとして扱われます。PDF読み込み機能を使用した場合、通常のCADデータのようにベクトルデータとして扱えます。
続きを読む

AutoCAD LTのデータをAutoCADで開けますか?

 カテゴリ:

AutoCAD LTとAutoCADは同じデータ形式「DWG」なので互換性があります。
AutoCAD LTで作成したDWGファイルは、AutoCADで開いて編集することができます。
ただし、DWGデータ形式にもバージョンがあるので異なるバージョン間でDWGデータの受け渡しを行うときは互換性を気にする必要があります。
また、AutoCAD LTには3次元機能がありませんので、AutoCADで作成した3次元データをAutoCAD LTで編集することはできません。
異なるバージョン間でのDWGデータ互換については下記をご参考にしてください。
続きを読む

AutoCAD LTにはどのような部品(ブロック)が用意されていますか?

 カテゴリ:

AutoCAD LTは、どの業種でもお使いいただける汎用タイプの2次元CADです。そのため特定の業種に特化した部品(ブロック)は搭載されていません。
はじめから登録されている部品(ブロック)はごく一部の一般的な部品のみです。これらの部品(ブロック)は、ツールパレット内に分野別で登録されています。
ここでは、あらかじめソフトウェアに含まれている部品(ブロック)を、ツールパレットを表示してご紹介します。

tkn_faq-file-17725_10

ツールパレットを表示させる方法については、下記FAQをご覧ください。

続きを読む

AutoCAD LT で扱うことができるデータ形式は?1

 カテゴリ:

AutoCAD LTはAutodeskのデータ形式であるDWG/DXF形式の読み込み・保存ができますが、これ以外にも、メタファイルやビットマップでの書き出しや、PDF形式での出力などにも対応しています。
ここでは、AutoCAD LTで扱うことができるデータ形式をご紹介します。

続きを読む

AutoCAD LT のBAK形式ファイルとは?

 カテゴリ:

AutoCADやAutoCAD LTには、自動保存の機能があります。
自動保存は、一定時間ごとに自動的に作業中のファイルが保存される仕組みです。
ソフトウェアが強制終了してしまった場合などに、この自動保存されたファイルを読み込むことで終了時に近い状態に戻ることができます。
このファイルは、BAK形式というファイルで、拡張子は「.bak」です。

tkn_faq-file-17461_10
続きを読む

AutoCAD LT のDWT形式ファイルとは?

 カテゴリ:

AutoCAD LTは、図面を書き始めるときに、図面内で使用する線(画層)や文字のフォント、寸法線の形状など、様々な項目について設定する必要があります。
作図の度にそのような設定を行うのは大変ですので、作成する図面に合わせた設定を「図面テンプレート」に保存することができます。
この「図面テンプレート」の保存形式がDWT形式というファイル形式で、拡張子は「.dwt」です。
続きを読む

DXFデータのバージョンを確認するには?

 カテゴリ:

DXF(Drawing Exchange Format)は、オートデスク社が開発したCADデータ形式です。
CADソフトはそれぞれ独自のデータ形式を採用していますが、DXF形式でCAD図面データを書き出しすことで、他のアプリケーションへCAD図面データを渡すことができます。
オートデスクは古くからDXFデータの仕様を公開しているため、現在では異なるCAD間で図面データを交換するための中間ファイルとして広く利用されています。

なお、書き出したDXFデータを異なるCADで読込んでも完全に元の図面と同じ状態にななりません。DXFデータ形式とCAD間で異なるデータ形式を完全に再現できないからです。
また、DXFデータ形式にもバージョンがあります。
そのため、DXFデータを受け渡すソフトウェア同士が同じDXFデータのバージョンに対応していないとデータ交換がうまくいかないことがあります。

【参考】

続きを読む

1/2ページ12

お探しの情報が見つからない時は、サイト内検索の機能をご利用ください

「FAQリクエスト」受付中です!

FAQに掲載して欲しい内容を投稿したり、他のユーザーの投稿に投票したりすることができる「リクエスト掲示板」をご利用いただけます。ぜひご活用ください。