ホーム > 入門編(設定・作図・印刷) > 用語 > 用語 - か > 用語 – 画層(レイヤ)

用語 – 画層(レイヤ)

画層とは、図形を描くことができる透明なフィルムのようなものです。(AutoCADではないCADではレイヤとも言います)

1つの図面のなかに複数の画層を作成して図形を描き分けることができます。 例えば、躯体だけを描く画層、部材だけを描く画層、寸法線だけを描く画層などのように図形の種類別や用途に応じ画層を分けて使用します。

うまく画層を使うことで、図面を部分的に表示/非表示したり、印刷範囲の指定、図形の選択などの作業を容易に行えます。

画層(レイヤ)の概要

AutoCADの画層

何も設定していない状態で開いたAutoCADやLTの新規図面には「0画層(ゼロ画層)」のみ用意されています。
画層はいくつでも必要な数だけ作成することができ、それぞれ名前を付けて管理します。
また、線の太さや種類を変えながら図面を描くには、線種ごとに画層を設定する必要があります。
画層を作成する際は後工程での編集やデータ利用を考慮して作成するとよいでしょう。
なお、作成した画層は「画層プロパティ管理」などで管理できます。

autocad画像プロパティ

【画層の使用例】

資料の挿絵として、建築図面の各部屋を目的別に色分けしたいときにに画層を使うと便利です。
各部屋を着色(ハッチング)するための画層を作成しておけば、この画層を表示/非表示することで簡単に挿絵用と図面に切替えることができます。

画層の使用した図面