用語 – 異尺度対応

異尺度対応とは、寸法や文字などの注釈・ハッチングの細かさなどを自動的に調整する機能で、AutoCAD/AutoCAD LT 2008から搭載された機能です。
AutoCADでは、「モデル空間」では実寸作図を原則としている為、AutoCAD/AutoCAD LT 2007以前のバージョンでは尺度ごとのスタイルを用意していました。
印刷の為の空間である「レイアウト空間」を合わせて使用することで、注釈やハッチングなどの表示を自動的に変更してくれます。

異尺度対応の例