ホーム > 活用編 > 標準化(雛形を整える) > 3 – ブロックの活用

3 – ブロックの活用

AutoCAD LTには、図面内に「出来合いの図形」(例 : 窓などの建材、ボルトなどの部品)を挿入するブロック機能があります。
ブロックの種類は、通常のブロック、ダイナミックブロック、属性定義があります。

【ブロックの主な特徴】

  • 部品の図形を構成する要素(オブジェクト)をひとつのまとまった要素として扱える
  • 部品などを都度作図する必要がなく、繰り返し挿入できる
  • サイズや角度を変更して挿入することができる
  • 変更時に一括して差し替えることができる
  • 分解しないと編集できない

【ダイナミックブロックの主な特徴】

  • 挿入後に形状変更できる
  • 分解せずにストレッチや配列複写が可能
  • 分解するとすべてのアクションが失われる

ダイナミックブロックには他にもたくさんの機能があります。

また、属性定義を行うと、文字属性をブロックに追加することができます。
ブロックに追加した文字属性は表に書き出すことができ、集計にも活用できます。

ここでは、これらブロック・ダイナミックブロック・属性定義の機能についてご紹介していきます。

【補足】

ブロック作成と挿入の詳しい手順・動画は入門編でご覧いただけます。