ホーム > 無料会員専用コンテンツのご紹介 > 無料会員用コンテンツのご紹介 FAQ2

無料会員用コンテンツのご紹介 FAQ2

無料会員ご登録後に利用できる会員専用コンテンツの内容をご紹介します。
下記はFAQのコンテンツの一部です。

図面データをPDFデータにする

AutoCAD2010/LT2010以降で作成した図面データは、PDF形式のデータで保存することができます。
PDF形式で保存すると無料のビューワソフト「Adobe Reader」などでAutoCAD LTの図面データを見ることができるようになります。
Adobe Readerは、ワープロやDTPソフト等のデータ閲覧用に広く使用されています。

【対象バージョン】

AutoCAD2010以降、AutoCAD LT2010以降

手順

1 – PDF形式で保存したい図面データを開きます

PDF形式で保存したい図面データを開き、「レイアウト」タブを選択します。

【補足】

「レイアウト」タブが表示されていないときは、[モデル][レイアウト]タブを表示したいをご参照ください。

2 – [ファイル]-[印刷]メニューを選択

[ファイル]-[印刷]メニューを選択します。

3 – [プリンタ/プロッタ]リストから、”DWG To PDF.pc3″を選択

[印刷]ダイアログボックスの[プリンタ/プロッタ]リストから、”DWG To PDF.pc3″を選択して、[OK]ボタンを選択します。

4 – PDFデータの保存先とファイル名を指定して[保存]ボタンを選択

PDFデータの保存先とファイル名を指定して[保存]ボタンを選択します。

PDFデータ作成の進行状況がグラフで表示されます。 このグラフが消えたら、PDFデータ作成は完了です。